Tweet
2011年03月20日
東北関東大震災の被害に逢われた方にこころよりお見舞い申し上げます。
この震災の事を思うと、胸がドキドキし気持ちがとても落ち込みます。
これからどうなるのかまったく分かりませんが、「生きて行く」ことだけは分かっている事実です。

私の職業はアウトドアのガイドなので少しは自然のすばらしさや怖さを分かっていたつもりでした。
しかし、今回の出来事は私の想像を遥かに越え自然に起こる現象に対し自分のできことがあまりに小さいと事を実感させられました。
今回の事をどうとらえ、どのように生きていけばよいか今はわかりません。
しかし、悩もうが考えようが時間は待ってはくれません。勝手にどんどん進んでいくしかないのです。

yuki110320.jpg
震災後に行ったツアーの売り上げは義援機に寄付いたしました。
シーズンまだこれから春のザラメ雪が滑れます。
皆様怪我等の無いようよい残りのシーズンをお過ごしください。

ゆきのこ 福田 博之

posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年03月13日
ここ石勝高原の雪質はとても軽く美しい雪が降る場所である。
カナダ、アラスカ、オーストリアに滑りに行ったことがあるが、どこもすばらしパウダースノーに出会う事ができた。
ではなぜここに辿りついたのかというと、美しい雪が滑れる環境と生活が密着できる場所であるから。
リフトに乗る事もなく、車の移動を少しすれば(場所によっては歩いていける)世界レベルの雪を堪能できる場所なのである。
しかし、生活は?「それは生き方のレベルによる。」のかもしれません。

yuki110313a.jpg
yuki110313b.jpg
yuki110313d.jpg
yuki110313c.jpg

さて、今シーズン大荒れの天気がほとんど無く、安定した冬型が続き毎日ノートラックのいい雪を滑ることができました。
積雪状態も安定していて雪崩リスクもとても小さく、安心して滑走できました。
怪我をする人も無く、最高のシーズンだったと言えるでしょう。

バックカントリーガイドをスタートして今年で10年目になります。
この仕事を10年も続けることができたのもツアーに参加してくださった多くのゲスト方と自然の恵みのおかげです。
あと、10年を目標にガイドを続けていきたいと思っています。
皆さん一緒にパウダーライフを続け一緒に歳を重ねていきましょう!
よろしくお願いします。



posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年03月12日
ここ石勝高原ではニセコのようなドカ雪は少ない。
かるーい雪がサラサラと降る場所である。

yuki110312a.jpg
なので斜度があまり急で無くても板が走りパウダーでのハイスピードターンが体験できる環境と言えよう。

yuki110312c.jpg
そんな環境からかディープパウダーのフェィスショットに出会う機会はそんな多く無い。
それでもターンの仕方によっては簡単に顔にくる(雪が軽いのでよく舞い上がるのだ!)。

yuki110312d.jpg
で、そのフェイスショットでなぜ笑ってしまうのか?
冷たいし、前も見えなくなるのにそれを望む人は多い。
人それぞれ感じ方は違うのだろうが「好き」でなければ笑わないであろう。

yuki110312b.jpg
ちなにみ私はそれを見るのも大好きである。
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年03月11日
今シーズンお気に入りの山のひとつ「マウントストーン」
ここもシークレットな山なので知っている人はごくわずか、

yuki110311a.jpg
ここ石勝高原にはそんなシークレットな山がいっぱいあります。

yuki110311b.jpg
ゆきのこのポリシーの一つに「山で他のパーテイーに合わない!」というのがあります。

yuki110311c.jpg
なのでここ最近は有名な「タケノコ山」とはすっかり疎遠になっております。
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年03月08日
yuki110308c.jpg
朝、山にゲストを連れて行く時はいつもナーバスになります。
安全に今日も1日無事に終わったくれるか考えると気持ちが沈みます。

yuki110308b.jpg
山を登り始めると今度はいい雪が滑るかプレッシャーがのしかかってきます。

yuki110308a.jpg
そして、1日無事にいい雪が滑って帰って来た時はなんともいえない充実感で心が満たされます。

posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年03月07日
バックカントリーの滑走道具にもいろいろあるけどスノーボードで参加するゲストが多い。

yuki110307b.jpg
わたしもスノーボードが大好きだが、ガイドという職業上スノーボード&スノーシューでは体力的に負担が大きい。

yuki110307c.jpg
20%は運動量が増えるらしいがシーズンを通して20%はかなりの負担になる。

yuki110307d.jpg
なのでもっぱらテレマークで案内している。

yuki110307a.jpg
ゲストの方をうらやましくいつも見ています。「いいな〜ボード楽しそう!」
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年03月06日
最近は雪質も落ち着いてきて滑ったときに巻き上がる雪煙(スモーク)はスプレーに 変わってきました。

yuki110306a.jpg
これぐらい抵抗があったほうが実はとても滑りやすい。

yuki110306b.jpg
厳冬期に降る軽すぎるここいらの雪は抵抗感が無くてじつは結構滑るのは難しい。
雪質のせいにしているうちはまだまだかな?
もっとうまく滑れるようになりたい!
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年03月05日
パウダーが滑れます。

yuki110305b.jpg
例年3月になるとゲストの人数が少なくなります。

yuki110305a.jpg
しかし、ここ石勝高原は国内最極寒地です。

yuki110305c.jpg
3月でもまだまだいい雪が楽しめるんです。
ただし、お日様も強くなってきてしまうので狙うのは北斜面です。
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月28日
ニセコでスキーバムをしている方々がツアーに参加してくれた。
何を隠そう昔私も3年間ほどバムの経験があるので現役バムと滑れるのはわくわくした。

yuki110228a.jpg
メンバーは日本人、フランス人、カナダ人だ。

yuki110228b.jpg
結構さむいのにTシャツでハイクしていたのには驚いた。

yuki110228c.jpg
スキーは万国共通ですね、スキーの力は本当にすごい。

yuki110228d.jpg
ここで2月も終わりですが、シーズンまだまだこれからです。
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月27日
リピートしてゆきのこツアーに参加してくれる方がまた今年もツアーにきてくれることはたいへん嬉しいです。

yuki110227e.jpg
しかも、いろいろあるけれどまた来てくる方(子育てがあったり、仕事がいそがしくっても)がくるうちはこの仕事はやめられない。

yuki110227d.jpg
お互い年を重ねて、いい歳してお山で滑っていたらきっと楽しいとおもう。

yuki110227c.jpg
皆さん体力が落ちてツアーに来れなくならないように日々精進してください。

yuki110227b.jpg
yuki110227a.jpg
また来年も逢えますでしょうか?



posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月26日
とても残念だが今シーズンも2月に雨がふってしまった。

yuki110226a.jpg
そのあと雪に変わったのでなんとか中止にならずにすんだ、

yuki110226b.jpg
昨シーズンは7日間ほどコンデションが悪くツアーをキャンセルしたが、
今シーズンはまだ無し。よいシーズンでもある。

yuki110226c.jpg
クラストの底がある積雪、こういう場合そっと踏んで底付きしないようにするか、しっかりクラストまで踏むか、

yuki110226d.jpg
今回は後者だった。

yuki110226e.jpg
ついつい天気予報とにらめっこしてしまうが

yuki110226f.jpg
どんなににらめっこしようとも天気はかわならい。
自然のリズムに合わせるしかできないとつくづく感じる日でした。

posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月25日
石勝高原は分水嶺です。
空知川に注ぎ日本海へ行く斜面と、
鵡川に注ぎ太平洋へと行く斜面があります。

yuki070225a.jpg
こちらは太平洋側

yuki110225c.jpg
こちらは日本海側

yuki110225b.jpg
どちらもすてがたいですね。
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月22日
昨日もピーカンで降雪はまったくなし!
普通は雪質はどんどん劣化していくものだが、ここ石勝高原の雪は違います!
朝の気温がマイナス18℃まで下がったので積雪の雪がしばれ乾いて、降った時よりも軽い雪に変化するのです。

yuki070222b.jpg
もちろん日に当たっていない斜面でないといけません。

yuki070222a.jpg
yuki070222c.jpg
テレマークターンとスノーボードのトゥサイドのターンはよく似ています。

yuki070222d.jpg
ホーボージュンさんがプライベートでツアーに参加してくれました。
ご紹介してくれたアウトライダーの松原さんありがとうございました。
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月21日
バックカントリーの印象を左右するものにもちろん雪質や深さもあるが、光も大切なものの一つだろう。
それは滑る時に太陽の光が雪面に当たっているかいないかで随分印象が違う。
知り合いの一人は光が当たるまで何時間もそのままの姿で動かず待つ強者もいる。

yuki070221a.jpg
ピカピカの日。今シーズンで一番の景色が望めた日。

yuki070221b.jpg
しかし、気温は低くて雪質はバッちし!笑顔は必至!

yuki070221d.jpg
写真も光があるかないかでまったく別ものになります。

yuki070221c.jpg
太陽を背にした逆光ショット、北斜面ならではの1枚。

yuki070221e.jpg
光でこんな遊び写真も撮れました。




posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(2) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月20日
ゆきのこブログを朝イチからチェックしてくださっている皆さん。
ブログの更新が滞っています。2月は20日間バックカントリーへ出掛けました。ほぼ毎日ラッセルを踏んで体重は4kgダウン、10年ぶりに60kg台の体重になりました。さすがに体力的にはいっぱいいっぱいで夜は9時には寝るという生活サイクルでパソコンにかまっている余裕はありませんでした。

ということで1週間前のツアーのログになります。
おとといの夕食すら思い出せない私の脳の記憶を辿っていきます。

たしか雪はよかったと思います、、、
yuki070220a.jpg
晴れているのに降雪がありました。
この地域は日本海側で湿った雪を落としてからやってきた乾いた雪の精鋭部隊なのでこういう現象はよく見られます。
(晴れと雪の境目になる。)

yuki070220b.jpg
そう、それと今シーズンはツアーの中止がまだ1回もありません。
南岸低気圧も爆弾低気圧も無いので風下斜面にはこんもり雪がたまり、樹林帯の木にはスノーボウルやマッシュが大きく発達していて写真的にはとてもよい感じです。(南岸低気圧や爆弾低気圧が来ると木の上に載ったスノーボウルが落ちてしまいます。)

yuki070220c.jpg
あっ、思い出しました。
この日は今シーズンで一番雪の深いディープパウダーでした。
まさにTHEDAY。

yuki070220e.jpg
石勝高原の魅力は深さではありません、軽さです。
と言ってもやっぱり深い雪はいいですね。
(でも最近のスキーは極太だったり、ロッカーだったりと表面15cm新雪があればよいので30cmの新雪のありがたさを感じるにはセンター10cm以下のスキーの方がよい気がする。)

yuki070220d.jpg
2月に入ってから日本海側はあまり調子が良く無いとききました。
石勝高原はそんなうわさが聞こえてきてからが調子よくなります。
(逆に言うと日本海側が調子がよいときはこちらはあまり降りません。)

さて、記憶を辿ってここまでやってきましたが、ところでここはどこの山だっけ?




posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月19日
「2月16日から10日間気温が高めに推移します。」と道新の記事に載っていました。
そして本日2月19日の石勝高原は気温マイナス8℃の絶好の気温に。


とにかく1月は寒かった。
ここ10年間で一番寒かった。
毎日ホッカイロを下着に突っ込み、
服も上下1枚増やしたり、
マイナス20℃で風があった日は、ダウン着て、ヘルメット・ゴーグルしてラッセルしても全然暖まらなかった。
帰ってきてお風呂に入っても解凍するのにしばらくかかった。

なのでこのマイナス8℃はとても快適で心がホッとする。
もちろん雪質も良くなる。(寒すぎると滑らない。)

yuki070219a.jpg
毎年来てくれるショップの店長さん、この北海道トリップの日が娘さんの結婚式の日取りと重なってしまったため、なんと結婚式の日程を変更させてまでこのツアーに来てくれました。うれしいのですが、大変申し訳なく思います。

yuki070219b.jpg
ツアーに来てくれる方に大好評なのがフォーチューンベーグル。この方もファンのひとりです。

yuki070219c.jpg
やっとこ過ごしやすいツアーの季節になってきました。

yuki070219d.jpg
滑走順で最後に滑る方は「残り物には福がある。」の諺がよくあてはまります。

posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(1) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月15日
さあ、連休最終日にやってきました。
連休中はブログをまったくアップしていなかったので今まとめて更新しています。
やっと連休中の記事がこれで終わります。

さて、ニュースや天気予報では軒並み「道内大荒れの天気」となってしまいました。
「どうしよう。どうしよう。」と朝おきたら外は風がビュービューです。
天気図を見ると道内に等圧線が1、2、3、4、5、6、7本もある〜!!!
「今日は中止かも」といいつつ準備をしに登山口に来ると意外に風が防げていた。

これならなんとか行けると判断。
山に登ると雲の動きはとても早いが登っている最中は風に吹かれず。
「あの尾根にでたら風来ますのでバラクラバ着けましょう。」
といって尾根に出ても風はなし。「あれ。」と拍子抜け、

yuki070213c.jpg
ここはもしかしてパウダーの神様にご加護を受けた山なのか?

yuki070213b.jpg
それとも「ゆきのこ」がパウダーの神様にご加護を受けているかの?

yuki070213d.jpg
なにわともあれ恵みに感謝です。
トマムのキャビンは運休、旭岳も徐行運転だったので風はたしかに吹いていたみたいだ。
1本目を振り返りしばし笑みがこぼれる。

yuki070213a.jpg
私個人の感覚だとこの連休が冬のピークかも、これからは春に向けての準備が始まるかもね。

まだ、まだ滑るよ!

posted by ふくだ ひろゆき at 00:24 | Comment(2) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月12日
連休に合わせて天気が荒れるのはよくあるパターン。
それをどうやって判断して行き先を決めるかがガイドの力量が試される時でもあろう。(ガイドの仕事の半分はここかも)
人間の都合で雪山を合わせてしまうとけっこう無理がかかる。
10年もガイドしていると、そんな人間都合のせいで痛い目にあった経験が何度もあるので、最近は人間都合に合わせず天気の都合に合わせるように行き先を決めている。これがかなり調子いい。

yuki070212a.jpg
そしてそんなおもわくどおりに風下にはたくさんのやられていないパウダーがたんまりと、
yuki070212b.jpg
ありました。

yuki070212c.jpg
今日のゲストはめずらしく皆さんスキーヤーでした。
ガンガントラバースしますよ。

yuki070212d.jpg
そして登り返します。登ってきた道をまた繰り返し、、、
それにしてもスキーだけのトレースは美しいね。

posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(2) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月11日
連休の初日は石勝高原の名峰「落合岳」へ。
ゲストの皆さんは近郊に宿泊なので終わる時間を気にせずツアースタート!

yuki070211a.jpg
昨晩の降雪は風もなくシンシンと軽い雪が降り積もり絶好のコンデション。
「滑ってみるまではどんな雪かわかりませんよ〜。」といいつつドンドン硬度を上げてハイクアップ。

yuki070211b.jpg
結局山頂まで雪がよかったので上がってしまいました。

yuki070211g.jpg
山頂直下でこの雪!

yuki070211c.jpg
沢の斜面に入るとさらに雪質はよくなり、深さも増してきました。

yuki070211e.jpg
登り返して今度は北斜面へ、日が当たらない北斜面は積層にクラストが無くさらにディープに。

yuki070211d.jpg
さらに登り返して3本目、もうすっかり時間オーバー。薄暗くなってきてしまいました。

yuki070211f.jpg
帰ってきたのは夕方5時。がっつりやってしまいました。参加者のみなさんごめんなさい、、、。




posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月10日
This is Yukinoco Backcountry Tour's web log books.
The foreign guests are not many. Because There is no English website. Are going to make ahead.

yuki070210b.jpg
He came from Australia. Summer vacation now.
Hokkaido's powder has already known foreigner,But this area is stil a secret.

yuki070210a.jpg
This Sevens Creek is snowmobile approaches, Other skier can not enter.
There is not crowded backcountry.
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月07日
We are going to Mt.Furano.
It was strong wind this morning at s-furano. But When I arrived at the trailhead. The wind had stopped.
Occasionally when such. Very strang...

yuki070207a.jpg
He came from Australia. It's pure teleskier.

yuki070207b.jpg
He came from Japan. It's pure snowboarder.

Birds of a feather flock.
posted by ふくだ ひろゆき at 21:43 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月06日
今日も石勝高原(南富良野)のバックカントリーへ
晴れて気温が上がってから降雪がないのでなるべく北向きの斜面を選ぶ。

yuki070205a.jpg
滑るときの太陽光はとても大事、光が当たってるか当たってないかで印象はずいぶん違う。

yuki070205b.jpg
南富良野のバックカントリーは積雪は少ないが雪が乾燥しているので日光さえ当たらなければドライパウダーがキープする。

yuki070205c.jpg
雪が降っていないのに山はリセットされている、理由は風。

yuki070205e.jpg
ゲストの方に「バックカントリーされる方に冬生まれの方が多いんですよ。」
といったら全員2月生まれだった。
やっぱり、、、


posted by ふくだ ひろゆき at 09:14 | Comment(2) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月04日
昨日はピーカンで気温も3月下旬ほどまで上がってしまい、山はどうかな?と心配したが以外に軽くて滑りやすい雪を堪能できた。

yuki070204a.jpg
滑ると思わず笑顔になる雪。

yuki070204b.jpg
どこにそんなちからがあるのだろうか?

yuki070204c.jpg
スキー人生をかけてそれを探し続けたいと思う。
posted by ふくだ ひろゆき at 22:08 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年02月01日
1月最後の日はステップソールのテレマークの方を案内。
プライーベートでスペシャルコースにお連れしました。
目的地はナマコ尾根コース。ステップソールには最適な斜度が延々と伸びる尾根で森林限界を越えるとV字の谷に囲まれた日本離れした素晴らしい景色の中の滑走も楽しめる。

yuki070131a.jpg
ステップソールのテレマークはもっともっと流行ってもよいスキーだとおもうけどなかなか普及していない。ダウンヒル系はとても盛り上がっているだけに、、、高齢化、健康志向が高まるこれからの時代にとてもマッチしたスキーだ。ゆきのこでもいずれこのステップソールのスキーツアーを企画して開催していくのがこれからの目標である。
posted by ふくだ ひろゆき at 21:14 | Comment(2) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年01月30日
落合岳へきました。
場所によりクラストしてたりウインドパックしてたりと斜面を選びましたがよい雪のバーンを滑れました。

yuki110130a.jpg
写真のゲストはDPS skiというカナダのスキーを履いていました。初めて見ましたがとても軽くてよさげでした。

yuki110130b.jpg
滑ったあとは温泉に入ったように「あぁ気持ちいい〜。」と思わず声がでてしまう雪でした。
posted by ふくだ ひろゆき at 22:21 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年01月29日
昨日に引き続き今日も先輩スキーヤーを案内。
行き先は国山。
山には軽い新雪が20cmでグットコンデション!

yuki110129a.jpg
先輩スキーヤーは76歳、38歳の私はまだ半分。あと38年スキーをしないと先輩には追いつけない、長い道のりだ。

yuki110129b.jpg
100歳スキーヤーを目指す彼はあと62年スキーしないといけない。
posted by ふくだ ひろゆき at 20:17 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年01月28日
人生のスキーの大先輩を日勝峠を案内。

yuki110128b.jpg
私の父親より年上の方と一緒に山スキーできるとはスキーの力はすごい!

yuki110128a.jpg
最近まとまった降雪がないが、森の中にはフカフカなパウダーが残っていまいた。
posted by ふくだ ひろゆき at 17:57 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年01月27日
ツアーの予定では三段山に行こうと思っていたけど、白銀荘に到着したら前十勝岳が光り輝いていたのですぐに行き先を変更。

yuki110127a.jpg
登りもノートラックで美しい斜面にラッセルを描いていくのは快感。

yuki110127b.jpg
厳冬期にはなかなか入山することができない。今日は奇跡と言ってもいいだろう。

yuki110127c.jpg
今年は積雪がとても少ないが気温が低いので雪質は最高級品。

yuki110127d.jpg
このショットは今シーズンNo.1。

今日の日を糧に1年間はくじけないでかんばれそうです。
posted by ふくだ ひろゆき at 17:31 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年01月24日
今日は静かな月曜日。しかし、南富良野エリアのバックカントリーは毎日が月曜日のようだ。
「今年の富良野地区は観測史上最も小雪の1月になりそうだ。」と道新に載っていた。
札幌、岩見沢は平年の2倍も降っているというのに、、、。
富良野よりは積雪のある南富良野だがそれでも七つ沢はやっとオープン。
yuki110124a.jpg
そしていきなりのTHEDAY.
yuki110124b.jpg
ラッセルがあまりにも気持ちいいのでゲストの方にもラッセルを体験してもらいました。
バックカントリーはやっぱりハイクも楽しい!
yuki110124c.jpg
日本海側のデープスノーもいいけど、やっぱ軽くて深すぎないナンプの雪の方が私は好きです。
posted by ふくだ ひろゆき at 22:22 | Comment(0) | 2011ゆきのこBCツアー
2011年01月23日
昨日の三段山の深雪にさらにプラス20cmの降雪で深い場所は1mの新雪。
富良野岳にやってきました。
yuki110123a.jpg
しかも快晴無風のこの時期として信じられないぐらいグッドコンデション。
yuki110123b.jpg
富良野岳から望む三段山にも次々とトラックが刻まれていく。三段山もよさそうだ。
yuki110123c.jpg
結晶降雪のパウダーは抵抗感が無くとにかく力を抜いて滑らないとうまく滑れない。
yuki110123d.jpg
忘れられない1本になりそうだ。
yuki110123e.jpg
まだまだ雪不足で樹林帯はブッシュが多くてまともに滑れないが森林限界付近のバーンを滑りにきた価値は十分にあった。

あまりの雪の深さとブッシュにやられヘッドライドを出して帰ってきてしました。
参加者の皆さん遅くなって申し訳ありませんでした。(でも上の1本は最高でしたね。)

posted by ふくだ ひろゆき at 21:51 | Comment(2) | 2011ゆきのこBCツアー
Powered by さくらのブログ