Tweet
2018年01月22日


何年たっても初めての山には楽しさがある。
どんな斜面があるのかどんな雪があるのかドキドキモーニング!
合コンの待ち合わせ前の気分?(何十年も前のことだけど)

P1220013.JPG
芦別エリアは急登道場
P1220014.JPG
さーてどんなこ、じゃなくてどんなしゃめんなのでしょうか?ご対面ー!
P1220017.JPG
Goodな斜面とちょっとシューティングクラックの入るそんなに引っかからない雪。


でした。
posted by ふくだ ひろゆき at 17:26 | Comment(0) | ガイドトレーニング
2017年11月24日
PB240129.JPG
まだまだブッシュ多いですが、標高高く場所選べば滑れるところあります。

PB240123.JPG
スタンディングアックスビレイ

PB240126.JPG
帰り道
posted by ふくだ ひろゆき at 20:16 | Comment(0) | ガイドトレーニング
2017年11月22日
に登山するも途中で視界不良で断念残念!
PB220089.JPG
出発時は天気良好でしたが、この後下り坂に。
PB220095.JPG
1650m付近で視界がなくなりあえなく撤退。
PB220118.JPG
その後スキーで下見がてら登っていたら1700mまできてしまいました。あれ?
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | ガイドトレーニング
2017年11月17日
いよいよ半年間の夏眠から覚め、ゆきのこのシーズンが始まります。
まずは、身体のならしのはずが本気のアルパインクライミングからスタート!
十勝岳温泉から化物岩で1ピッチ登ってきましたー。
KIMG0819.jpg
カミホロ周辺はすっかり厳冬期のよう
23660559_1873582549622247_705687138_o.jpg
化物左ルート、とにかく手が冷えるクライミング。
23667092_1133727913427287_1781123127_n.jpg
4名だったのでとりあえず1ピッチのみ。
23698694_773935162790034_1553211798_o.jpg
懸垂下降
23715245_1873582509622251_1113824654_o.jpg
無事降りました。
posted by ふくだ ひろゆき at 22:39 | Comment(0) | ガイドトレーニング
2015年05月18日
2015シーズン〆のガイドトレーニングとして選んだ先は
あの芦別岳「ユーフレ本谷」です!
バックカントリーガイドなのでスキー持参で滑り目的ですが、いったいどうなることでしょう?

P5180058 (640x480).jpg
さてさて、家から近いので朝集合の出発です。登山口5時40分出発!
あとで分かったことですが、もっと早く出発しないとダメでした。

P5180063 (480x640).jpg
さあ旧道です。基本川沿いをいきますが幾度となく高巻きします。この高巻きが高すぎて落ちたらどこでも死ねます。普通の登山装備ならそんなにでしょうが、スキーブーツをくっつけたスキーをしょってるので枝に当たったりしてバランスを崩します。いきなり命の危機を感じながらの登山です。

P5180065 (480x640).jpg
鎖場も容赦なくやってきます。普段はお世話なっていますが、とにかくスキーが邪魔です。

P5180067 (640x480).jpg
日当たりの悪い場所はまだまだ雪渓が残っています。でもまだ標高420m。

P5180069 (640x480).jpg
2時間半かかってユーフレ小屋に到着。いよいよ旧道を離れ本谷へ向かいます。
このとき既にぐったりです。

P5180071 (480x640).jpg
本谷にはいるとすぐ雪渓が出てきました。雪を見るとやっぱり嬉しくなり元気になります。

P5180073 (640x480).jpg
だんだん川が雪渓で覆われてきました。そしてもうすく核心部です。1箇所ゴルジュがあって、そこが雪渓で塞がっていないと垂直の高巻きを強いられます。スキーを背負っての高巻きは相当困難なのでゴルジュが雪で埋まっていることを祈りながら先へ進んでいきます。



P5180076 (480x640).jpg
「ジャーン!」やりました。ゴルジュ部はしっかり埋まっていました。
今年の富良野は小雪なのと、この気温高で心配していましたがさすがゴルジュさん。
ありがとうございます!

P5180077 (480x640).jpg
「(^o^)ノ イエー!」なんて言いながらスイスイ通過。
でも雪渓の下からは水の流れる轟音が聞こえてきます。
恐ろしや〜。

P5180081 (640x480).jpg
さあいよいよスキーを履いてハイクです。
いままでの苦労が報われる時です。「あーシール徒行が極楽に感じる。」

P5180083 (480x640).jpg
いままでの遅れを取り戻すかのように標高差400mを一気に1時間で登る。
しかし、ここで重大な事に気が付く。それは、、、。

「落石多すぎ!」これではスキー傷つくので滑れないかも、、、、。
勉強ひとつ、ここは傷ついてもいい要らないショートスキーを持ってこないとダメ。

P5180086 (640x480).jpg
そして、1250mの分岐で山頂直下の谷から落石が降ってキタ━(゚∀゚)━!
人の頭ほどの大きさの岩がとんでもないスピードで脇をかすめる。
その時の風切り音が半端なく「こりゃよけられないし、もし頭に当たったら頭吹っ飛ぶね。」

P5180088 (480x640).jpg
という事で落石の少なそうな谷に切り替え。
この頃ちょうどお昼時で落石の一番多い時間帯でした。
本谷は午前中に登り切らないといけない事はこの時初めてしりました。
ほんと勉強になります。

P5180101 (480x640).jpg
落石の危機から開放され最後の急登です。

P5180107 (480x640).jpg
この絶景!北海道らしからぬアルプス風の山並み。
そして豪快なクーロアール。

P5180109 (640x480).jpg
7時間30分かかって稜線に到着。山頂をバックに記念撮影。
今回、山頂直下の谷は落石で登れなかったけど、まあ「本谷行きました。」
と、言っても差し支えないのではないかと、、、。

P5180115 (480x640).jpg
ピークハントはせずに早速滑走開始です。
程よいコーンスノーで本谷クーロアールにシュプールを刻んでいきます!

P5180128 (480x640).jpg
ここまでスキーを持ってくるのはほとんど変態レベルでしょうが、最高です。

P5180133 (480x640).jpg
「標高差800mの大滑走を最高の滑りをしました。」
と言いたいところですが、分岐からあまりの落石の多さでまともなスキーはさせてもらえませんでした。
次回来るときはもう少し早い時期でしょうか?

P5180136 (480x640).jpg
合計13時間の山行でした。
スキー人生でトップ3に入るキツイツアーでした。

今シーズンのスキーは終了?
もしかしたらまだもうちょと滑るかも、、、。

長文最後までお付き合いありがとうございました。
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | ガイドトレーニング
2015年02月25日
地図読みのトレーニングで何とか高原にやってきました。

P2250133.jpg
ちょっと簡単だったけど、やっぱり初見の山行は楽しい。これって原点だよね!

P2250135.JPG
最近忘れてたけど、知らない山に行く楽しさって知って知る場所でのパウダーよりも心に響く。

多分、脳内はそうゆう風にできてるんだろうね。
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | ガイドトレーニング
2015年02月17日
KIMG0404.jpg

今日はガイド休日。トレーニングと称して富良野西岳へ、
ガスの中、地図読みには最適のコンディション。
いくつか間違いしてしまった。ルートファインディングの練習不足が露呈した。「地図ばかり見てしまい顔をもっと上げないといけないと。」とガイド仲間からのアドバイス。なるほどなるほど。

ちょっと歩くつもりでいたら山頂近くまできてしまったので、国道から見えるシュート&クリフバンド帯の斜面を滑り降りた。上部の急斜面はいままでのスキー人生でベスト5に入るクラストでまったくターンできずキックターンで降りる。それからはそんなに悪くないパックスノーを堪能、よいトレーニングになりました。

Team Donkoro Thanks!
posted by ふくだ ひろゆき at 19:37 | Comment(0) | ガイドトレーニング
2015年02月04日
P2040061.JPG

ガイドトレーニングで札幌のBCまで来ました。
やっぱり雪多いね〜!

今回はルートファインディングの練習、
曇り予報だったのでホワイトアウトナビゲーションができるかな?っと思って来たら雲海のピーカンで答え丸見え。

答え合わせをしながらすっかり景色を堪能&感動しながらツアーを楽しんでしまいました。

posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | ガイドトレーニング
Powered by さくらのブログ