Tweet
2014年02月20日
今期よりサポートしてくださっているSCOTT(スコット)より新しいウェアが届きました。

scott.jpg

Explorair NG(New Generation) Jacket&pantsです。

アスレッチックFITで前着ていたA社のウェアよりスリムに見えて、足が10cm長く見えるとくにぞうさんに言われました。
カットはスリムですが、動きを妨げないで突っ張る事なく動きやすいです。
ばたつきがなく前よりスキー滑走のスピードがアップしました。(もしかしたら気のせいかも)
カラーの発色も綺麗で、ポケット類も使いやすくシンプルでまとまった完成度の高いウェアに仕上がってます。


生地の素地はウェアの名前にもあるようにGORE-TEXレジスタードマーク Pro New Generation 3Lを使用してます。

gore.jpg

今季から発売された、この新しいゴアテックスプロは従来品より強くなり、透湿性が28%もアップし、さらに防水耐久性、防風性もよくなっているそうです。

たしかに透湿性はアップしているかもしれません。ラッセルの激しいハイクでウェア内側が霜でガチガチに凍結する事がほとんど無くなりました。

そして、この最新のゴアテックスプロの素材を使用しているにも関わらず定価が50,000円と他のメーカーよりもコストパフォーマンスが抜群によくなっています。
ゴーグルやポールは有名なスコットですがウェアに関しては、これから期待のブランドになっていくことでしょう。

SCOTT(スコット)JAPANホームページ
http://www.scott-japan.jp/wintersports/index

posted by ふくだ ひろゆき at 14:35 | Comment(0) | SCOTT(スコット)
2013年12月23日
今シーズンよりSCOTT(スコット)のヘルメット&ゴーグルを使用します。

SCOTTとは、1958年スキーポールの発売から始まり、13-14シーズンからは、スキー、ブーツ、ポール、ビンディング、ゴーグル、ポール、ウエア、バッグなどをフルラインナップが揃っています。ガルモントのスキー系ブーツがこのスコットブランドになったのは今年の大きな話題の一つでした。ちょっと昔にアンパラ(テレマークのスキームービ)に出演していたスキーヤーがスコットのゴーグルをしていて影響を受けてスコットのゴーグルに変える友達もいました。http://www.scott-japan.jp

今回はヘルメットの紹介。
CHASE MIPSレジスタードマーク (チェイス)というモデルです。
scott1.jpg
私の頭のサイズは59cmでLをチョイス、オハッチーなのですが頭のお鉢部分は当たらずアジアン向けのフィットです。
少し大きめですが後頭部のダイヤルでジャストフィットになります。このダイヤル式が現在多くのメーカーで採用されていますがマストな装備と言えるでしょう。400gという軽さも各メーカーの中では最軽量ではありませんがトップクラスの軽さです。バックカントリーではこの軽さも重要です。

スコット独自の技術としてMIPSレジスタードマークがあります。
これは衝撃時ヘルメットにズレ(摩擦を抑える動き)を生じさせることによってダメージを軽減するものです。
scott2.jpg

http://www.scott-japan.jp/products/node/319

一昔は前はヘルメットといえばレース用ぐらいしかなく選択肢がほとんど無かったけど、現在は迷うほどあっていい時代です。
スコットのヘルメット参考にしてみてください。

次回はゴーグルを紹介します。
posted by ふくだ ひろゆき at 10:58 | Comment(0) | SCOTT(スコット)
Powered by さくらのブログ