Tweet
2015年12月06日
絶賛発売中!のフォールラインvol.2に
「ガイドが使うウェブサイト選択とその理由」というページに寄稿しました。

KIMG0418.jpg
全国の一流ガイドさんの中になぜか私が、、、。
BCガイド歴だけでは14年目と年数だけで見ると長くやってる方に入るのだろうが、
私は一流では決してないな、、、。一流の雪質にいつも助けてもらっています。

KIMG0415.jpg
さて、私の書いた場所はさておき、読み応え十分のVol.2に仕上がっています。
まだの方は是非おすすめします。
posted by ふくだ ひろゆき at 23:21 | Comment(0) | メディア
2015年02月02日
テレマークマガジンのソウルスライド2015に昨年撮影した写真が3カット掲載されました。カメラマンは松山永一さんです。みてみてください。

10846422_854439074600774_5948846702695570533_n.jpg
1920125_854439067934108_5700330097532491589_n.jpg

10373666_854439071267441_212723564806743129_n.jpg
posted by ふくだ ひろゆき at 10:37 | Comment(0) | メディア
2012年02月21日
gakujinn2012.jpg
に山スキー2012の特集で日勝峠エリアの記事と写真を寄稿しました。
実際現場での案内と違い、文字での案内はなかなか表現が難しく面白くもあります。
なかなか行けない方は読んで行って滑った気になって楽しんでください。
gakujinn1.jpg
gakujinn2.jpg
gakujinn3.jpg
サムネイルで表示してあります。
クリックで別ウィンドウで原寸大表示します。
posted by ふくだ ひろゆき at 10:04 | Comment(0) | メディア
2011年12月08日
111208c.jpg
テレマークの専門誌「ソウルスライド2012」が発売中です。
記事の中で「ゆきのこ」が紹介されています。
チェックしてみてください。

soulslide2012.png
こちらクリックで別ウインドで拡大表示されます。
posted by ふくだ ひろゆき at 10:13 | Comment(2) | メディア
2010年09月08日
前回のブログより3ヶ月ちょっと過ぎ、季節は春から夏、そして秋へとやってきました。みなさんお久しぶりでございます。いよいよバックカントリーガイド「ゆきのこ」も長い夏眠から覚める季節になってきました。

さて、9月10日に発売される「Fall Line 2011」に「ゆきのこ」の事が掲載されます。
内容は石橋氏の「ローカルを巡って」の記事に載っております。
ツアーに参加したことがある方もこれから参加しようと思っている方も必読になっていますので、是非購入してください。よろしくお願いします。

book.jpg
Fall Line2011

photo05.jpg

ローカルを巡って
南富良野人物日記

いつの間にかFall Lineには欠かせない人気企画として定着した石橋仁のローカル旅シリーズ。今回の舞台は北海道・南富良野です。大多数の滑り手にとっては地図の空白地帯だとしても、石橋にとっては地元そのもの。そこをどう描いてくれるのか。期待は裏切りません。(Fall Lineより)

posted by ふくだ ひろゆき at 21:55 | Comment(6) | メディア
2009年12月14日
今シーズンのソウルスライドのコラムに石橋仁君の記事が掲載されています。
この題材になったのは私と、クニゾウ君、仁君の3名で行った前富良野岳の山行です。ここはニングルの森と呼ばれているので不思議な出来事に出会うかもしれない場所です。このコラム、フィクションなのでしょうか?それとも、、、

091214.jpg
山の名前はあえて伏せていて「ゆきのこ山」としています。
posted by ふくだ ひろゆき at 22:24 | Comment(2) | メディア
2009年11月14日
本日11月14日に岳人12月号がでました。
特集の「山スキーを遊びつくせ」にて記事を書きました。
いつもガイドしている山々を紹介しています。

091114_1.jpg
091114_2.jpg

http://www.tokyo-np.co.jp/gakujin/gak2009111201.html

記事に書いたコースはすでに他のガイド本等に紹介されていたりで有名なコースなのでシーズン中はいつも入山者の姿があります。
そんなこともあって最近はこの記事のコースはあまり案内せずに、もっぱらスノーモービルでちょっと離れた山麓までアプローチをして、そこからハイクアップするスタイルに変化してきました。
(そこまで行くとさすがに入山者は少なく、年間に数組出会うぐらいです。)

今年もまだ行ったことのない目星を付けている場所が何カ所もあるので下見が楽しみです。毎年来てくれるリピーターの方々を新しい場所に連れて行くのは、ガイドする側の楽しみでもあります。今年はどんな山との出会いがあるか今から楽しみです。

posted by ふくだ ひろゆき at 22:17 | Comment(1) | メディア
Powered by さくらのブログ