Tweet
2018年01月30日
こちらも今シーズン初見参のツインピークス!
モービルで苦労しましたが、山は最高のコンディション!!!
P1300256.JPG
P1300268.JPG
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2018ゆきのこBCツアー
2018年01月29日
よくみえるけど遠いマウントストーン3へ
今シーズン初見参!
デープな雪をデープに堪能!!!
P1290165.JPG
P1290212.JPG
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2018ゆきのこBCツアー
2018年01月28日
ゆきのこツアー初の場所、山の名前は特にないので今日名づけました。「ロシアン」です。
当たるか外れるかどちらかです。
P1280150.JPG
P1280151.JPG
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2018ゆきのこBCツアー
2018年01月27日
P1270129.JPG
P1270115.JPG
今日は優しい森の斜面をスルスルと、、、
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2018ゆきのこBCツアー
2018年01月26日
このあたりでは一番お手軽なバックカントリーエリアの「ゴールドクリーク」
無くならずにいつまでもこのままであってほしい場所です。
P1260037.JPG
posted by ふくだ ひろゆき at 00:00 | Comment(0) | 2018ゆきのこBCツアー
2018年01月22日


何年たっても初めての山には楽しさがある。
どんな斜面があるのかどんな雪があるのかドキドキモーニング!
合コンの待ち合わせ前の気分?(何十年も前のことだけど)

P1220013.JPG
芦別エリアは急登道場
P1220014.JPG
さーてどんなこ、じゃなくてどんなしゃめんなのでしょうか?ご対面ー!
P1220017.JPG
Goodな斜面とちょっとシューティングクラックの入るそんなに引っかからない雪。


でした。
posted by ふくだ ひろゆき at 17:26 | Comment(0) | ガイドトレーニング
2018年01月21日

いつもの寒さに戻った感じ
 やっぱりこうでないと北海道らしくない。
風を避け優しいパウダースノーを滑りました。

P1210002.JPG
1本滑り終わって登り返し、トラックを振り返る
P1210008.jpg
2本目昨日の日射の影響で南方面は全滅、北に向きを変える。
P1210010.JPG
3本目レディ
posted by ふくだ ひろゆき at 20:20 | Comment(0) | 2018ゆきのこBCツアー
2018年01月20日
昨晩の結晶降雪はサングラス越しにみると虹色に輝くレインボーパウダー!今シーズン初めて見ました。
いよいよ本格シーズンに突入した感じです。
P1200358.jpg
もっさり積もっています。東斜面は午前中に滑るのが光があってgoo-!
P1200361.JPG
山頂から大雪山をバックに、、、最高の展望です!

posted by ふくだ ひろゆき at 20:45 | Comment(0) | 2018ゆきのこBCツアー
2018年01月17日
 バックカントリーのラストトレンドと言われる「クライム&ライド」にいよいよ手を出しはじめました。佐々木大輔さんの「利尻究極のスキー大滑降」や「デナリ大滑降」にすっかり影響され、自分にとって一歩踏み込んだ冒険にチャレンジです。
 とはいうものの、そんなにシビアでないクライムにパウダー狙いの快適スロープライドなのでリスクはそんなに高くないかと。

 このような場所はJMGAでは山岳ガイドのエリアになるので私の持っているスキーガイドの資格では案内できません。こういう山岳登はんがガイドできる方は本当に尊敬します。

 さて、このカミホロ周辺にはクライム&ライドができる場所がまだまだたくさんあります。アイデア次第では無数にルートが設定できる可能性が秘めています。
 今回のルート(凌雲閣ー北西稜ーカミホロ山頂ーOP尾根ーNーフリコ沢ー凌雲閣)
26239311_1169951403138271_383102448802340142_n.jpg
しゅっぱーつ!天気予報はズバリ晴れ!

26734369_1169951423138269_2052096063513138809_n.jpg
スキーがあるのでシール歩行で結構奥まで詰めれます。
今回は三段ルンゼの途中から北西稜に取り付く。

26907069_1169951433138268_2916380145910939577_n.jpg
三段ルンゼから北西稜に出る瞬間。
ロープ無しで登れるギリギリのライン。

26815046_1169951459804932_6151915353777819602_n.jpg
北西稜からトラバースしていよいよ核心部へ。

26239935_1169951486471596_4280304362138239647_n.jpg
いよいよ核心部が見えました!

26815213_1169951533138258_1702299595987594306_n.jpg
リードはたくちゃん。(頑張って!)
50mロープいっぱいまで使って1ピッチ目。

26733498_1169951556471589_2716003649232729192_n.jpg
2ピッチ目はリード交代でくにぞうさんと私でダブルリード?

26730758_1169951593138252_4365722794291153663_n.jpg
無事に稜線にでました。カミホロ山頂は目の前で感動!

26815298_1169951643138247_1886080903962616574_n.jpg
いえーい!

26904444_1169951693138242_1249014247138640701_n.jpg
カミホロ山頂からひとすべりして今度はOP尾根の下降へ。
ブーツ幅しかないナイフリッジ手前でスキーにチェンジ!いよいよ滑走タイムです。

26804739_1169951713138240_8666319625124852361_n.jpg
OP尾根からN地点までの快適パウダースロープ。ここを滑った人はあまりいないはず。

26992460_1169951739804904_3440323973499320599_n.jpg
最後はフリコ沢を滑ってから凌雲閣まで登り返して終了。
7時間行動で標高差1200mのクライム&ライド。
移動距離9km。

今後10年はこのクライム&ライド開拓したいです。
posted by ふくだ ひろゆき at 22:31 | Comment(0) | 日記
2018年01月15日
石勝高原バックカントリーネットワークの合同トレーニングを行いました。今回は南富良野消防の方々がJPTECという外傷のためのファーストレスポンダーの勉強会を開催してくれました。消防×石勝高原でレスキューの幅がグンと広がったと思います。
Screenshot_20180115-123859.pngKIMG0013.JPG
KIMG0009.JPG
KIMG0005.JPG
KIMG0003.JPG
でも、一番感じたのは「雪山では怪我はしない。」これが身にしみて感じました。
posted by ふくだ ひろゆき at 22:50 | Comment(0) | 石勝高原バックカントリーネットワーク
Powered by さくらのブログ